平成29年度補正
事業承継補助金事例集

【Ⅰ型】後継者承継支援型
TOMOI R&D

新たな取組の標題

ステージに関わる製品の開発と製造販売と地域イベントとの連携業務

新たな取組の内容

新商品の開発又は生産

●これまで建築や店舗内外装に伴う金属加工・設計全般の下請け業務を行ってきたが、建築関連事業から撤退して、金属加工の業務全般の中から主に劇場・ステージに特化した自社商品開発・製造販売を行い、ステージに関連した地域の野外イベント等のプロデュース業務を行う。
●劇場・ステージ・舞台美術に関係する製品開発・製造についてはライブハウスへの納入が進み、イベント等で用いられる最先端の映像装置の開発製造については、自社で開発製造している「ウォータースクリーン」という噴出する水幕に映像を投影するシステムのレンタル事業に関する問い合わせが増え始めた。
●立体的な造形物に映像をあてる「立体スクリーン」は、ジャポニズム2018の一環でフランス・ポンピドゥーセンターで行われた展覧会のエントランス・インスタレーションに採用されヨーロッパで話題となった。

  • TOMOI R&Dの新たな取組
  • TOMOI R&Dの新たな取組

地域経済やバリューチェーンへの貢献

デンマーク郊外の文化事業に招聘され、地域の人々と大きなモニュメントを作るプログラムを企画したり、昨年、奈良県でおこなわれた国際映画祭のナイトイベントをプロデュースし夜間の賑わい作りに貢献した。

補助対象経費の内訳

設備費(事務所改装等工事費)
外注費(新規ホームページ作成費)

認定経営革新等支援機関から受けたサポート内容

  • 制度内容の理解
  • 事業計画の立案
  • 各種提出書類の作成
  • 補助事業の実施

補助事業開始前はいろいろとアドバイスいただいていたが、開始後サポートは特に受けていない。

基本情報

業種 製造業
事業所所在地 大阪府八尾市
資本金 10,715千円
従業員数 4名
承継者 友井 隆之
承継者年齢(※承継時) 46歳
被承継者 友井 健夫
被承継者年齢(※承継時) 74歳
承継前の主たる事業の内容 建築関連の金属加工業。主に階段や手摺、庇やフェンスなどの金属製品の製造と施工。主に受注製作品をデザインから設計・製造・施工までを行ってきた。

承継前の主たる事業の課題

建築業界の価格競争などにより利益の低迷と受注数が低下した。また受注が不安定で事業を計画的に行うことが難しくなっていた。より安定した受注と利益を得るために新市場への参入と自社製品の開発が重要な課題となっていた。

事業承継の実施

承継者と被承継者の関係 子ども
事業承継を行った時期 2018年12月

これから事業承継に取り組む事業者の方へ

承継者からのひと言コメント

今思うとそれまで全く無関係のように見えてた二つの事が実は事業の大きな要となっています。古い方法と新しい方法は全く違うように見えるのですが、片方は土に這う「根」で、もう片方は大きく広がる「枝葉」のような関係のように思えます。事業承継についてお互いの想いを時間をかけて話し合う事は、とても大事だと思います。

被承継者からのひと言コメント

我々が培ってきた技術や製作ノウハウは、より自由な発想によって大きく羽ばたくポテンシャルをもっているはずです。出来るだけ早い時点でそれらを伝承し、若者たちの後ろ盾となり、未来に繋げてゆくのは私たちの世代の使命だと思います。

その他の詳細な情報も掲載したPDFファイルは以下よりダウンロードください。

PDFダウンロード事例PDF一括ダウンロード(全75事業者)一覧に戻る