平成29年度補正
事業承継補助金事例集

【Ⅰ型】後継者承継支援型
アース建設コンサルタント株式会社

新たな取組の標題

最先端ドローン及びソフトウェア導入による測量業務の生産性・品質革命

新たな取組の内容

商品の新たな生産又は販売の方式の導入

●国土交通省において「建設業の情報化施工(※i-Construction)を強力に推進していく方針」が打ち出され、建設業の情報化施工投資による生産性向上は、極めて政策性の高い課題となっており、建設業の上流工程にあたる測量業についても、ドローンやレーザースキャナー、三次元点群処理ソフトを用いた効率的な測量・図面作成等の対応が強く求められてる。(i-Construction:建設現場においてICTの全面的な活用を行うことにより、全体の生産性向上を図る国交省の取組み)
●これまで培ってきた技術・ノウハウ(強み)を活かし、ドローン測量市場の拡大(機会)を捉えて成長していきたいと考え、下記機材及びソフトウェアを導入し、各々の業務生産性向上と新たなニーズの発掘に取組むこととした。
①高性能ドローン:特に広大な面積や人が立ち入りにくい災害現場等での測量に活用。大幅な生産性・品質向上が見込まれる。
②測量設計ソフト:豊富な測量計算機能を持つ、次世代型の測量計算CADシステム。点群データを活用し、作図コマンドを利用して座標点を結線しながら描画トレースが行うことができ、地形平面等の図面化(3次元化)が可能となる。このソフトは、3次元化したデータを基に発注者側へ視覚的に提案する事が出来る。

  • アース建設コンサルタント株式会社の新たな取組
  • アース建設コンサルタント株式会社の新たな取組

地域経済やバリューチェーンへの貢献

官公庁業務等で、3次元による提案を行うと「大変に分かりやすく可視化できて良い」という評価を頂き、通常業務に付加価値を付けて提供出来たと自信になった。弊社の取組む業務は建設工事に於ける川上業務であり、ICTを用いて業務遂行を行うことは、容易に可視化でき、一般の方にも分かりやすく表現できる。また、弊社の取組みは、業界の競争力・技術力向上に繋がり、地域経済に安心で正確な業務成果を提供する事が出来る。投資的公共事業における生産性向上は、公共予算の有効的な活用に繋がり、日本国内に好循環が生まれるものと確信する。

補助対象経費の内訳

設備費
(ドローン、測量設計ソフト購入費)

認定経営革新等支援機関から受けたサポート内容

  • 制度内容の理解
  • 事業計画の立案
  • 各種提出書類の作成
  • 補助事業の実施

メインバンクである金融機関に支援機関として依頼した。

基本情報

業種 学術研究・専門・技術サービス業
事業所所在地 宮崎県宮崎市
資本金 25,000千円
従業員数 22名
承継者 濵村 浩司
承継者年齢(※承継時) 34歳
被承継者 濵村 哲之進
被承継者年齢(※承継時) 61歳
承継前の主たる事業の内容 測量業、建設コンサルタント業、補償コンサルタント業、特定建設業、有料職業紹介事業

承継前の主たる事業の課題

原価の大部分が人件費と外注費が占めており、一人当たりの業務効率化向上に徹する事が急務であると感じていた。

事業承継の実施

承継者と被承継者の関係 その他親族
事業承継を行った時期 2018年4月

これから事業承継に取り組む事業者の方へ

承継者からのひと言コメント

承継前は不安ばかりでしたが、従業員に助けられながらまた被承継者のサポートを受けながら着実に成長できていることを実感しています。重圧もありますが、今の立場で得られる喜びも大きいです。承継の相談があれば、是非とも前向きに受け止めて頂ければと思います。

被承継者からのひと言コメント

取引金融機関との関係性や、保有株式の処分方法等も踏まえ、事業承継は当事者のみで行えることではありません。税理士、弁護士、取引先にも十分な相談の上、実施日を見定める必要があると思います。先ずは事前に相談してみて、後は思い切りだけです。

その他の詳細な情報も掲載したPDFファイルは以下よりダウンロードください。

PDFダウンロード事例PDF一括ダウンロード(全75事業者)一覧に戻る