平成30年度第2次補正
事業承継補助金事例集

【Ⅰ型】後継者承継支援型
旭川機械工業株式会社

経営革新等に係る取組の標題

新規事業における自社ブランドの確立及び生産性向上事業

経営革新等に係る取組の内容

新商品の開発又は生産

●人口減少・少子高齢化による需要の縮小や競争激化の中、中長期的な経営安定及び事業拡大を見込むためには新たな事業の柱をたてる必要があり、数年前から開発を行なった非対称の3次元加工が可能な3Dターニングマシン(CNC木工旋盤)のように自社ブランド製品としてPR活動を行ない、販売を行なっていく新たな製品の開発を検討していた。
●2018年にコーントル皮ネード(とうもろこし自動皮むき機)を試作し、コーントル皮ネードを新たに当社の事業の柱として展開するため、事務所の集約化・見直し等による当社自身の生産性向上・人手不足対策を図る。
●また、近年、当社の取組や工場見学のために増加している来客や商談の機会を逃してしまう大きな機会損失の原因であると考えていた事務所内部環境(トイレや衛生環境)も整備した。
●中長期的な経営安定及び事業拡大を見据え、事業承継を契機として、新製品(とうもろこし自動皮むき機)を新たな事業の柱として確立するための販路拡大・新市場開拓を行うとともに、事務所の集約化・見直し等による生産性向上・人手不足対策を図ることによって、事業の活性化に繋げる。

  • 旭川機械工業株式会社の経営革新等に係る取組
  • 旭川機械工業株式会社の経営革新等に係る取組

地域経済やバリューチェーンへの貢献

本事業により、弊社新製品「コーントル皮ネード(とうもろこしの自動皮むき機)」を3Dターニングマシン事業に続く弊社の主力製品として、販路拡大を目指す基盤をつくることが出来たうえ、職場環境を改善することにより、新たな雇用促進に取り組む体制を整えることが出来た。日本国内はもとより海外への販売を強化して、地域経済に貢献したいと考えている。

補助対象経費の内訳

設備費(事務所内整備工事費)
広報費(展示会出展費、装飾費)
外注費(パンフレット作成費)
廃業費(事務所解体処分費)

認定経営革新等支援機関から受けたサポート内容

認定経営革新等支援機関の名称
一般財団法人旭川産業創造プラザ
  • 制度内容の理解
  • 事業計画の立案
  • 各種提出書類の作成
  • 補助事業の実施

事業承継補助金の制度内容や申請に関わるアドバイスをいただいた。

基本情報

業種 製造業
事業所所在地 北海道旭川市
資本金 10,000千円
従業員数 9名
承継者 関山 真教
承継者年齢(※承継時) 44歳
被承継者 関山 憲充
被承継者年齢(※承継時) 69歳
承継前の主たる事業の内容 完全受注生産による産業機械の設計・製作の販売

承継前の主たる事業の課題

工場においても設備の非充実や老朽化などによって、従業員の作業が非効率になるとともに、生産年齢人口減少の中における人材採用にも影響が及んでいる。

事業承継の実施

承継者と被承継者の関係 子ども
事業承継を行った時期 2019年2月

これから事業承継に取り組む事業者の方へ

承継者からのひと言コメント

弊社は、1947年2月創業の鉄工所で私で3代目になります。創業は祖父でありますが、創業当時より特殊な機械製造にチャレンジしてきました。昭和45年にはちくわの製造機で賞をいただくなど、世の中にない機械をつくるそんな会社でした。これからもその精神を受け継ぎチャレンジ精神を失わず、新たな「ものづくり」にも積極的に取り組んで、地域貢献が出来ればと思っています。

被承継者からのひと言コメント

弊社は、旭川市内で創業して72年になります。旭川で製造業を営み、私自身も約30年ほど前に父でもある創業社長より事業承継を受けました。事業承継を行った当時と現在では、社会経済環境は大きく様変わりをしてしまいましたが、ものづくりに取り組む姿勢を大切に地域経済ととともに繁栄されることを心から願っております。

その他の詳細な情報も掲載したPDFファイルは以下よりダウンロードください。

PDFダウンロード事例PDF一括ダウンロード(全55事業者)一覧に戻る