平成30年度第2次補正
事業承継補助金事例集

【Ⅰ型】後継者承継支援型
有限会社金栄堂

経営革新等に係る取組の標題

自社開発アプリ改良によるIT販売戦略拡大と外観イメージ改装

経営革新等に係る取組の内容

商品の新たな生産又は販売の方式の導入

●自社開発した顔型計測アプリ「FACT MEASURE」を、商品購入まで行える仕様に改良し、販売におけるコスト抑制、人手不足解消を図る。また、改良したアプリを活用し販売エリアを全国から世界広げる。
●この顔型計測アプリ「FACT MEASURE」は、来店が難しい方や遠方の方々が利用しているが、スムーズな購入につなげる仕様になっていないので、測定から実際の販売までつながる仕様に変更し、商品の選択肢を増やす改良を行う。
●また、2005年に建設した老若男女に受け入れられやすい赤茶色基調の店舗外観を、現在のイメージカラーである「黒」を基調とした外観に改装して、来店者に自社の存在感をアピールするとともに、より専門性を打ち出すことで当社ファンの拡大を目指す。

  • 有限会社金栄堂の経営革新等に係る取組
  • 有限会社金栄堂の経営革新等に係る取組

地域経済やバリューチェーンへの貢献

現在、市庁舎・駅舎の新築工事が行われているが、長井市の中心とも言えるこの施設に合わせて新しくなった当社外観が長井市の景観をより見栄えのいいものにする。そして外装工事により店格があがるのと同時に、承継者のイメージに一新したことで新たな顧客の獲得につなげることが出来る。また、アプリケーション改修事業により全国にマーケットが広がり、山形県はもとより長井市への来訪者増が見込めるとともに、売り上げ向上により税収も増える。

補助対象経費の内訳

設備費(外壁張替工事費)
外注費(アプリケーション改修費)

認定経営革新等支援機関から受けたサポート内容

認定経営革新等支援機関の名称
長井商工会議所
  • 制度内容の理解
  • 事業計画の立案
  • 各種提出書類の作成
  • 補助事業の実施

この補助事業は日本商工会議所にご紹介頂き、それを地元長井商工会議所にご相談させていただいて実現。事業実施計画に際し、当初から当社の問題点の洗い出し、どのような進め方がいいのかなどを長井商工会議所に相談させていただき、それに対してのアドバイスを頂いた。さらに事業実施までのスケジュール、予算組みに関してはどういったものが経費となるものかそうでないかなどの選別など、適切な意見を頂いたおかげで事業を遂行できた。

基本情報

業種 卸売・小売業
事業所所在地 山形県長井市
資本金 3,000千円
従業員数 2名
承継者 那須 丈雄
承継者年齢(※承継時) 39歳
被承継者 那須 孝
被承継者年齢(※承継時) 67歳
承継前の主たる事業の内容 眼鏡・サングラス・スポーツ用メガネ・スポーツ用サングラス、補聴器小売り

承継前の主たる事業の課題

店舗外壁が経年劣化により痛みが激しかった。また、来店できないユーザーへのアプローチ、そして新規顧客の獲得とマーケットを広げる必要があり、アプリの活用などで新たな顧客の獲得、新市場開拓が喫緊の課題であった。

事業承継の実施

承継者と被承継者の関係 子ども
事業承継を行った時期 2016年7月

これから事業承継に取り組む事業者の方へ

承継者からのひと言コメント

事業承継する前から経営には役員という形では関わってまいりましたが、やはり代表となると周りからの見られ方も異なります。また、同じ事を行うとしても立場が違うとやるべきことも変わってまいりますし、実際に行動する内容も増えていきます。事業承継の手続きに関してはリストアップしてしっかり準備してから行うのがベストだと思います。そして、代替わりしてからは大変なことも多いですが、自分の店や会社だと思うとより愛着も愛社精神も強くなります。事業承継をしっかり行って自社をより盛り上げていきましょう。

被承継者からのひと言コメント

自分が初代から事業承継した時とまた内容や方法が変わっています。大きな変動ではないですが、色々細かいところでの対応をしっかり行う必要が以前より多くなっているというように感じています。また、年齢とともに体も頭も衰えますので、ある程度の経営の道筋が立った時点から事業承継ということを少し考えはじめてもいいかもしれません。事業承継は急いで行う必要はないでしょうが、両者でそのタイミングを確認しながら順序立て、計画立てをしっかり行うことでスムースな事業承継が出来ると思います。

その他の詳細な情報も掲載したPDFファイルは以下よりダウンロードください。

PDFダウンロード事例PDF一括ダウンロード(全55事業者)一覧に戻る