平成30年度第2次補正
事業承継補助金事例集

【Ⅰ型】後継者承継支援型
株式会社アイヤマ観光

経営革新等に係る取組の標題

新規運転代行の開設による販売拡大

経営革新等に係る取組の内容

新役務の開発又は提供

●常総市では昨年度もタクシー会社が2社廃業したために、移動手段が減り困っている人たちが多い。また、飲食業者からは市内に運転代行が少ないという声も多かった。そんな中、運転代行業者が廃業する話があった。
●そこで、事業承継を契機に運転代行の個人事業者から自動車を含む設備等を買い取りこれまで行ってきた観光バス事業に加えて、新たに運転代行業を行う。
●運転代行業を行うにあたり、事務所を改装して、空調設備、給湯設備、運転手の仮眠スペース等を確保し、随行車両管理のためにドライブレコーダーとIP無線機の導入。さらに、新たに購入した車両にはお客様に請求する料金の明確性を示すため電子決済器と料金メーターも導入した。
●運転代行サービスに加えて、これまで培った観光バスのノウハウを組み込むことで、競合他社との差別化を図っていく。

地域経済やバリューチェーンへの貢献

運転代行を行うことで、市内の飲食店に喜ばれ地域活性化につながると同時に、当社の観光バス事業と相乗効果が出てきている。

補助対象経費の内訳

設備費(ドライブレコーダー、料金メーター、IP無線導入費等)、外注費(パンフレット・チラシ制作費、車両ステッカー作成費、ホームページ制作費)

認定経営革新等支援機関から受けたサポート内容

認定経営革新等支援機関の名称
常総市商工会
  • 制度内容の理解
  • 事業計画の立案
  • 各種提出書類の作成
  • 補助事業の実施

事業承継補助金の制度の説明から申請、採択後の事務局との連絡や実績報告書の作成についてサポートをうけた。

基本情報

業種 運輸・郵便業
事業所所在地 茨城県常総市
資本金 10,000千円
従業員数 24名
承継者 相山 隆司
承継者年齢(※承継時) 43歳
被承継者 相山 典央
被承継者年齢(※承継時) 72歳
承継前の主たる事業の内容 貸切運送旅客事業

承継前の主たる事業の課題

運転免許の法改正後、運転手の確保が難しくなり、国土交通省の業界への指導により人件費が高騰した。また、旅行客の旅行の仕方が変化し団体での旅行客が減少し業種的に事業環境が厳しくなった。

事業承継の実施

承継者と被承継者の関係 子ども
事業承継を行った時期 2019年5月

これから事業承継に取り組む事業者の方へ

承継者からのひと言コメント

事業承継を行うと非常につらい思いをするが、前社長が動けるうちでしか、話し合いができないので、早めの承継は必要だと思った。

被承継者からのひと言コメント

今回は体調を崩しての事業承継となったが、早い段階で承継を行わないと承継者が困ったときに良き相談者となれないので、良いタイミングで承継ができたと思う。

その他の詳細な情報も掲載したPDFファイルは以下よりダウンロードください。

PDFダウンロード事例PDF一括ダウンロード(全55事業者)一覧に戻る