平成30年度第2次補正
事業承継補助金事例集

【Ⅰ型】後継者承継支援型
Café&Dining A-U-N

経営革新等に係る取組の標題

地域ニーズに応える健康を意識したダイニングカフェの経営

経営革新等に係る取組の内容

新商品の開発又は生産

●被承継者(母)は、長年2店舗(スナックと居酒屋)を経営してきたが体力に陰りが見え始たことから、経営を1店舗(スナック)に絞ることを検討していた。そこで、雇用される立場ではあったが、居酒屋の店舗を仕切ってきた自身の経験を生かして承継者が引き継ぐことを決意した。
●閉店する既存店が住宅街にあったこともあり、本補助金をきっかけに駅前の商店街へ進出する計画を立て、長年空いていた商店街の空き店舗を活用することで地域の課題解決にも貢献できた。
●また、高齢者の割合が高い地域であるため酵素などをテーマにした健康食(酵素玄米、低温調理、各種スムージー等)を取り入れ、旧店舗の2倍となる40席を用意した新店舗では団体客の利用獲得も進めていく。

  • Café&Dining A-U-Nの経営革新等に係る取組
  • Café&Dining A-U-Nの経営革新等に係る取組

地域経済やバリューチェーンへの貢献

地元出身の経営者として、地元愛の伝播や地産地消の促進に寄与していき、今後も愛する江戸川台の地域活性化に貢献して参りたい。

補助対象経費の内訳

設備費(内装工事費)

認定経営革新等支援機関から受けたサポート内容

認定経営革新等支援機関の名称
流山商工会議所
  • 制度内容の理解
  • 事業計画の立案
  • 各種提出書類の作成
  • 補助事業の実施

制度の提案から創業計画のブラッシュアップ、会計から雇用まで様々なサポートをしていただきました。

基本情報

業種 宿泊・飲食サービス業
事業所所在地 千葉県流山市
資本金
従業員数 4名
承継者 山崎 和希
承継者年齢(※承継時) 43歳
被承継者 山崎 礼子
被承継者年齢(※承継時) 70歳
承継前の主たる事業の内容 住宅街の中にある小さなダイニングバー(夜のみの営業)

承継前の主たる事業の課題

1.閑静な住宅地にある現在の場所では収益が厳しい。
2.現店舗は席数が少ないため、要望はあるも団体客の受け入れが難しい。

事業承継の実施

承継者と被承継者の関係 子ども
事業承継を行った時期 2019年8月

これから事業承継に取り組む事業者の方へ

承継者からのひと言コメント

今回の件を通して、これまでどこか甘えていた部分があったことを実感しました。また、信頼・相談できる方がいることの大切さをあらためて感じるとともに、商工会議所の職員さんには大変お世話になりました。一人で抱え込むのではなく、商工会議所などの然るべきところに相談することの重要性を感じました。

被承継者からのひと言コメント

どうしても、親子だと純粋な事業承継の話し合いではなく、感情的になってしまう場合もあります。第三者を交えることで冷静に話し合いができることもあるので、商工会議所などを活用しながら頑張って下さい。

その他の詳細な情報も掲載したPDFファイルは以下よりダウンロードください。

PDFダウンロード事例PDF一括ダウンロード(全55事業者)一覧に戻る