平成30年度第2次補正
事業承継補助金事例集

【Ⅰ型】後継者承継支援型
ジャパンマリン株式会社

経営革新等に係る取組の標題

台船の自社運用取組による、工程スケジュール遵守および利益率アップ

経営革新等に係る取組の内容

その他の新たな事業活動

●当社は、これまで造船所のドック等を中心に潜水作業および海洋工事を手掛けてきた。現在、河川河口付近および山陰地区漁港の小規模浚渫(グラブ船を必要としない)が見込まれているが、河川河口付近および漁港の小規模浚渫の場合、従来は台船をリースして作業していたため所有会社の予定が優先されがちであり自社のスケジュール管理が思うようにいかず工程にも影響していた経緯がある。
●そのため、河川河口付近および漁港等の小規模浚渫工事における台船業務を委託から自社運用に切り替え、同時に人材育成を行うことで、工程を遵守したスケジュール管理の円滑化及び利益増加を目指す。
●所有する台船は、花火台船、離島への運搬やリースも可能で、山口県より受注した「綾羅木川総合流域防災(緊急対策)工事」において、当該台船を投入するため艤装等の準備を行い工事を開始した。今後、数年かけて工程スケジュール短縮とともに利益率アップに繋げたい。

  • ジャパンマリン株式会社の経営革新等に係る取組
  • ジャパンマリン株式会社の経営革新等に係る取組

地域経済やバリューチェーンへの貢献

・創業以来関門地区各造船所はじめ、下関市、山口県、第七管区海上保安部の公共工事を手がけ信頼を得ております。
・毎年の「ひこっとらんどマリンビーチ」海岸清掃、災害時緊急出動等、これからも地域に貢献できるものと考えています。

補助対象経費の内訳

人件費(現場管理、重機作業)

認定経営革新等支援機関から受けたサポート内容

認定経営革新等支援機関の名称
藤井幸郎税理士事務所
  • 制度内容の理解
  • 事業計画の立案
  • 各種提出書類の作成
  • 補助事業の実施

事業承継以前より、都度相談しており毎月の収支や経費推移についての助言をいただいております。

基本情報

業種 建設業
事業所所在地 山口県下関市
資本金 20,000千円
従業員数 12名
承継者 植田 ゆき子
承継者年齢(※承継時) 57歳
被承継者 植田 幸枝
被承継者年齢(※承継時) 78歳
承継前の主たる事業の内容 ①潜水作業含む海洋工事、造船所内水中作業、環境・生物・底質調査、磁気探査、深浅測量、防蝕工事
②陸上土木工事、とび土工コンクリート工事、下水道工事、石積みブロック工事
③レジャー部門:ダイビング指導、ツアー開催、ダイビング用品・マリン用品販売等

承継前の主たる事業の課題

①公共工事における入札条件変化(総合評価方式)による公共工事(陸上工事)入札機会の減少および売上額減少。
②下請け依存またリース(機械、船)使用によるスケジュール管理の難点克服及び利益幅の減少脱却。
③特異分野(海洋・潜水)を生かした自社完結工事への転換。

事業承継の実施

承継者と被承継者の関係 子ども
事業承継を行った時期 2018年8月

これから事業承継に取り組む事業者の方へ

承継者からのひと言コメント

事業承継は、それまで会社が培ってきた客先や地域での信頼を引き継ぐことです。一から事業を立ち上げることと比べると数段恵まれていることを自覚して、しっかりとした経営をすることが社員の幸せにつながり自分自身の喜びにもなることと思います。

被承継者からのひと言コメント

創業者が専門職である潜水業で起業して以来50年近く公共工事への参入、日本潜水協会創立等々に参画し現在に至ります。経営の基盤を対外的な信用と信頼を確信し、次代へ継承しました。企業は人なりの格言を是とし安全第一をモットーに客先の信をおとす事の無い様継承してください。

その他の詳細な情報も掲載したPDFファイルは以下よりダウンロードください。

PDFダウンロード事例PDF一括ダウンロード(全55事業者)一覧に戻る