平成30年度第2次補正
事業承継補助金事例集

【Ⅰ型】後継者承継支援型
中国料理 香妃

経営革新等に係る取組の標題

地元千葉県旭市産「いも豚」を活用した家族向け新メニューの試作開発

経営革新等に係る取組の内容

その他の新たな事業活動

●本補助事業の実施により、新たに千葉県産「いも豚」を活用した家族向け新メニューを考案する。客単価を増加させるためにサイドメニューでの注文を得るため「いも豚の焼売」を開発し、また、若者顧客に訴求するため「いも豚排骨」を、高齢者に向けには「黒酢でからめたいも豚排骨」を開発する。
●こうした新たなメニュー開発により、当店がこれまで得られていなかった家族連れ(お子様、高齢者を含む)の顧客を取り込むことを目的とする。青年及び壮年層の顧客は確保できていることから、家族連れ層からの支持が得られれば、デイナーへの集客拡大を見込んでいる。
●また、販売促進については、旭市商工会からの指導を受けてホームページやSNSの運用により、新規顧客の誘致を実現する。当店のPR活動を強化することにより、常連客の増加を目指す。

地域経済やバリューチェーンへの貢献

地産地消や地域イベントによる町おこしの寄付金協賛など

補助対象経費の内訳

設備費(業務用冷蔵庫、冷凍庫、調理器具購入費、厨房排水設備工事費)

認定経営革新等支援機関から受けたサポート内容

認定経営革新等支援機関の名称
千葉県商工会連合会(旭市商工会)
  • 制度内容の理解
  • 事業計画の立案
  • 各種提出書類の作成
  • 補助事業の実施

補助金の資料作成で苦手なパソコン入力や事業計画のサポートをしてもらいました。

基本情報

業種 宿泊・飲食サービス業
事業所所在地 千葉県旭市
資本金
従業員数 3名
承継者 髙埜 直宣
承継者年齢(※承継時) 38歳
被承継者 髙埜 清
被承継者年齢(※承継時) 71歳
承継前の主たる事業の内容 家族で営む中国料理店

承継前の主たる事業の課題

両親の高齢化によるサービス内容の行き詰まり

事業承継の実施

承継者と被承継者の関係 子ども
事業承継を行った時期 2019年12月

これから事業承継に取り組む事業者の方へ

承継者からのひと言コメント

両親が始めたお店を引き継ぐ際に難しく感じたのは、話し合いと折り合いがすべてです。事業承継をすると色々な面に不安が生じるため、創業者の協力と理解を求めて進むことが大事です。

被承継者からのひと言コメント

しっかりと話し合い被承継者と承継者が共に納得できるように、最善を尽くして事業承継することが大事だと思います。

その他の詳細な情報も掲載したPDFファイルは以下よりダウンロードください。

PDFダウンロード事例PDF一括ダウンロード(全55事業者)一覧に戻る